生臭き変節
_02ff6751-026d-4508-9307-a08968de00d8.jpg
徒党を組んで歩いてくるから
自分の顔すら忘れちまうんだ
よりにもよって水底を
泳ぎもしないで
鞄を携え

鱗の一つにもなりゃしない
進んだ距離など
気紛れ次第で書き換えられる
離岸流に押し流される
ごきげんよう
首を失くした人達
朝も昼も晩も一途に
前進している気持ちに浸って
楽しいかい苦しいかい
生臭くなった私には
知り得ぬ浪漫であるけれど

関連記事

2023.12.20


Secret