朱色の枠
_a157ddb8-1258-4937-a01e-7c477d17b06c.jpg
瞼を閉じればいつだって
朱色の枠が建っている
そこから先は未踏の領域
切り張りされた風景と
目の色を変えた
人格共の犇めく参道
戻って来れたらそれだけで
幸せなんだ
皺寄せなんて知らずに済むから

関連記事

2024.01.04


Secret