虹の終わりに
_a6078498-582d-4271-8726-5e06ca19ce00.jpg
雨上がりの虹に気付いたのは
眠りについた後だった
瞼の裏に隠していたんだ
無意識に
素面で会うのを恐れていたから
望郷の念を捨て切れなかった
結局そういう事なのだろう

貫きたかった大義も思想も
他人の犠牲に依存していた
釣り合わないのだ
己の命の対価としては
もう逃げ回る気力もないが
総括だけはしたくない
浅はかで無駄な人生だったと
内心気付いてしまったからこそ
墓までこっそり持って行く
舌先三寸
武勇伝を語る傍ら

関連記事

2024.01.27


Secret