殻の牢獄
_e62d1dcf-1308-4190-a2f2-60710a19d8fb.jpg
窮屈な皮膚に籠り切り
時の流れを遮断する
節が足が硬直するまま
言葉が詰まって出てこないんだ
血を流していた筈なのに
溜っていたのは緑色の汁
伝えてみせろよ
本気で何かを憂いているなら
肉も骨も融かしてみたのに
殻を破って這い出てきたのは
幼いままの姿だった
覆い隠してくれていただけ
世間は優しかったのかもね
増して行く老けて行く
無情にも
過剰な意味に囚われて

関連記事

2024.01.29


Secret