演じれぬ性
_d3d29da2-3119-4909-9d9f-3dc7cb88d6db.jpg
彼はニセモノになれなかった
大衆を飲み込むような
晴れ空に口を重ねていたのに
喉を通って出てきたものは
偽らざる夢の嘔吐物
呼吸も乱れ視界もぼやけ
雲の掛かった思考を束ねりゃ
それ自体が
新たな痛みに端を発した
紛れもないホンモノだ
真似る事が出来ていたなら
気付く事も無かった真実

関連記事

2024.02.25


Secret