蕾を開いて
_701bca75-075e-4562-a627-e237b8d3c14e.jpg
色取り取りに咲いている
誰も見ていなくとも
遠路遥々お疲れ様です
労う言葉が
夜明けとともに降り注ぎ
名もなき土地に意味を見出す

そんなものは必要ないのに
これまでもこれからも
本質なんて
自分自身にも解らないから
蕾を開いて
受け止めているだけなんだ
己に生じる感覚を
収まり切らない人格を

関連記事

2024.03.20


Secret