文字が壊れた日
_fc610246-6023-457b-b800-0159b415290e.jpg
一包の粉が連れて来たんだ
交わる事の無かった路地へ
腫れ上がった足の小指も
晴れ上がった西日に絆され
元の形に収束して行く
こんなにも楽になるのなら
初めから
皆と分ち合えば良かったな
看板の文字が読めなくても
診断される
心と身体はまだ温かい

関連記事

2024.04.04


Secret