野花に紛れて
_225ab06d-098e-4260-8da3-a818bdf32970.jpg
どれだけ深く恨んでも
底が見えることは無い
水底も谷底も
真っ暗で真っ新で
終着点すら見出せず
執着自体が
馬鹿らしく愚かしく感じる度に
意義が意味が欠損して行く
首を絞めても胸を刺しても
最終的に残るのは
苦しみを模した己が形代
不甲斐ないがこれでいいんだ
野花に紛れて観れるのならば
報いに果報に
圧し潰されるその様を
打ち拉がれるお前の姿を

関連記事

2024.04.06


Secret