向き合うな
_2faf8898-2085-48d5-95b6-dd3a769e40dc.jpg
干乾びて死んでいた
強い陽射しに苛まれ

もう寒くはないんだね
黒焦げの朝に霧を見る
錯覚ではない
発覚したのだ
甲と乙とを隔てる層が

知らずに足を踏み入れて
肺をやられて灰になる
風に吹かれりゃ
あっという間に散って行く
鴉だって寄り付かないよ
切り抜かれ
飾られたこんな街には
快晴だとか
知った口を利くんじゃない
路面標示は
とっくの昔に逃げ出している
諸手を挙げて
投げ出すべきは今こそだ
後生だから
もう二度と向き合うな
こんな景色と

関連記事

2024.04.18


Secret