上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
不毛な毛皮
手を差し伸べ刈り取られ
隔たりすらも嘲り笑う
赤い首輪と鈴の音に
一蓮托生の膿が零れる

已むに已まれず欺いた
不協和音と心音に
一時凌ぎのぬくもり覚え
不毛な毛皮をその身に纏った

挿し木としての発根
死に到るまでの過程

慈愛すらも罪に問い
仄めかされた言葉の折に
底の抜けたゆりかごを浮かべている

小刻みに震えた指で
ひとつまみの自信と夢を
ひとからげの時針と老いよ
関連記事

2012.05.11


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。