上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
土着
常世の長鳴き鶏が
重苦しい黒と目蓋の隙間へと
煌びやかな朝を敷き詰め
僕はまたこの場所で
今日を送らねばならぬ事に
諦めにも似た慄きを覚える

蜘蛛の巣状の廊下には
僕の部屋も家族の部屋も
みんな纏めて絡まって
毎日毎日、同じ事を繰り返すのだ

幾度と無く
繰り返されてきたかの様な
錯覚とも現実とも交えぬ
新しい一日の始まりに
僕らはすっかり慣れきってしまい
座敷牢の様な家の中
永遠の営みを継続させてゆく

敷地の中には木々の壁
敷地の外では野辺の煙
内から外は窺えず
外から内へは伺えぬ
地縛に満ちたこの僻地
関連記事

2012.05.21


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。