上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
瞼の奧の英霊
ちりちりと赤みを帯びたお香の熱に
定まらぬ視界は閉じられてゆく
かりかりと青みを帯びた夜行の筆が
スダマ等の茶会に齧られてゆく度に

垂れ下がる燃えカス
螺旋を描き分散してゆく
我が心の離着地点よ

眼底から押し寄せる山林の異気
根底から走らせる安眠の遺棄
算定から申し合わせる先人の神酒

三つ足鴉が指し示す
我が視界の終点よ!
誰が未開の交点よ!
瞼を開いて飛び立ってゆけ!
関連記事

2012.06.03


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。