上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
溝山の一夜
つるつる頭の隣人が
電球吊るして呆けてる
横目に過ぎ去る夕暮れが
真っ赤なその顔滲ませながら
草臥れ案山子を焼いてゆく

電気も通わぬ山小屋の
窓辺に揺れるてるてるぼうず
かえるの声が燃えてゆく
孵る卵に血が滲む
代える者さえ還らぬ場所で
変える喜び耐える哀しみ

どぶのなかでびちびちおどる
たんきゃくもくのぶとうかい
あかりのきえたばんさんかいで
すべてとまじわりとけてゆく

取り残された吹き溜まり
喰い残された弾き語り
夜明けと共に何処へ流れる
関連記事

2012.06.13


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。