上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
芳香なる奉公
冴え渡るのは虫の声
薄れる視界の染色体
響いて波打つ 焦がれた頚木
此処は肉声の終点地

扉を開ければ肢体は踊る
枝の付け根の酪酸ベンジル
ほのかに薫り 頭は火照る

掻い摘んで申し上げますと
潜り込んだ肉の先に
我らが理想郷を
見出した次第で御座います

芳香なる味わい
奉公する生業
浸りながら従事する事に
崇高なる目的を見出し
営みは今日も継続されます
そう、
明日も!
明後日も!
暦の果てまで!

食指を伸ばす虫の史記
腐食を下す無垢の死期
犇めき合って 時は連なる
関連記事

2012.08.31


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。