上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
壁越しの景色
越えられない
壁の下
代えられない
糧の素へと帰属する

奪い取るのは床の間の
腰から上の配電網
畳の上のビー玉数え
爪の隙間で犇く怒号が
高架下の商業施設で跋扈する

殴る探る抉る年の瀬
手繰る潜るも梨の礫か

白雪滲んだ血の熱に
悴む視界も絆されて
縁側目指して駆け出した
猫の背骨に出でし月かも

点々と滴りながら
転々と移ろう
壁の穴へと渦巻きながら
言い訳聞き分け
水を注いで
田螺の殻よりもぎ取った
我が身を苛む虚しさ束ねて
船出の朝へと捧げよう

明日が正しく脈打つ様に
潰した瞳を壁へと塗り込む
もう誰も、壁の向こうを
知る事は無い
関連記事

2012.12.04


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。