上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
盲者の虹
さらっとした質感に
早朝の指先は身悶えていた

菓子折りを持参して
機織りの自賛に心奪われる
愚かな自尊心を
大空へと翳しながら
来たるべき日没へと依存するのは
幼き頃に轢かれて割れた
貴方の正義が臭っているから

鼻を突く息苦しさに
傘を差す 量が増す
足も着かない深みの中で
いつからふやけていたのであろう

つまらないものですが
埋まらないものですね

虹の色を
観てもいない
視ていいものとも
知らぬお前に
四季が尋ねる事も無かろう

制約の無い定義の隅で
契約の無い名義を差し出す
貸し与えては私を殺して
白んだ瞳で 愛を求める
関連記事

2013.05.26


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。