上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
朱色の条線
小さな森の入り口で
知りたくもない
きのこの名前が木魂する

怖気づいて植わっていたのね
虫気づいて座った日から
法気づいて終わっていたのよ

暮れてゆく空が
触れている指に布を被せ
ゆびきりげんまん
真っ赤な帰路を吹き抜けてゆく

真っ赤な嘘さ
岐路に躓き 進まぬ時に
肺まで浸して 溺れるだけだ
突き刺された傘の下
突き返した朝が眩しく

糸の先には
婚姻色のうぐいの魚影

沼に囚われ果肉は熟れる
小さな木々より小さな日々に
絡む藻屑の卑しさよ
関連記事

2013.06.25


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。