上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
高き館の考
蝿のいない夏に
映えのいい靴鳴らし
何の事かも解らぬままに
罪滅ぼしの線路を辿る

吼え猛る犬の歯に
餓え集る色の羽音が染み入って
有刺鉄線の実は熟れる
有事決戦の身は浮かぶ

金網越しの世界には
また金網があるだけさ
赤紫の街灯が
影絵の我が家を映し出す
電信柱の後ろには
もう誰も収まる事は出来ない

這いずり回る触覚だけが
意識と図式を繋いでいたのだ

聴こえぬ羽撃き
見えざる複眼
銃声は汽笛と共に次の駅
習性は指摘と共に次の席

慈しみは死体と共に
偽りは平和と共に
この腑抜けた家畜舎に
集れ 集れ 集れ
関連記事

2013.07.01


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。