上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
腫れ上がる晴れ間
滑車の横に落ちていたよ
憔悴し切った幼虫詰まった
革の袋を手渡される

犇めく様な雲の動きだ

隣の鉱夫は
いつもと様子の異なる音に
空を仰いで 地に跪き
スコップの柄に
花の名前を刻み込んでは
身元の分からぬ 遺体を並べる

腫れ上がった顔に
晴れ上がった加護がありますように

鼻を突く花の香り
肌を突く恥の陰り
膨張しては噴き出して
影に呑まれて溺れてゆくのさ

いたいけな躰は
握り締めた掌の中
声も出せずに潰れていった
関連記事

2013.08.01


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。