上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
陽射しが落ちた日
胃に空いた穴から
意にそぐわぬ
自慰行為を晒して見せる

わざわざ
大きな音を立てず
こんな場所に
埋もれているのは
夢物語の延長線
救いのその手に揺られてたいから

ゆらゆら ゆらゆら
目を閉じて
小さな芽生えも許さない

繁っているのは
同じ顔ぶれ
何かの兆しを待ち望み
何処かの雲間に陽射しが落ちた

ああ 日に増して
あなたの姿が陳腐に見える
有り難がった言葉にも
虫の卵は付いていたのだ

欲求心理は乱れて膨張
夢物語の始発線
救いのその手は汚れていたのだ

鼻を突く
異臭に呼ばれて振り返る

幼き頃の憧れは
神輿の上で腐っていた
関連記事

2013.08.09


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。