上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
血の通う天幕
窮屈な瓶の内側で
何度この腕と戯れたのだろう
陽射しは遥か遠く
兆しは夜の帳へ包まれる

足元には吐き出した汚泥
いつまで未練がましく
浮かんでいるのか

草臥れた声帯は
もう誰のものでもない

逆様の頸動脈が命を繋ぎ
血の通った電信柱が
蒼白い宙空へと首を擡げ
一斉に産声を上げる

血走った天幕から
この鼓動が離れない

夜が来て 朝が来て
枝分かれした血潮を見上げ
寄せては引いて 浮かんでいた
覚束無い 意識に寄り添い
関連記事

2013.09.17


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。