上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
保たれた錯視
薄暗い店内に滞留する
捉え所の無い
声の群れは徐々に薄まり
手を伸ばす先に
天高く聳える氷山の連なり

ショットグラスに満たされた
満たされぬ日々の顔色
雨上がりの空に浮かんだ
浮かばれぬ時の経過
歓びも苦しみも
等しいものなどきっとないのさ

この期に及んで
まだ夢見がちな咽喉を潰し
いつまで言葉を呑み続けるのか
関連記事

2013.11.11


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。