上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
脱ぎ捨てた先に
置き捨てられた飛行機雲が
莫大な瞳の動きに竦みあがり
正真正銘の雲へと
臆病な詭弁を叩き付けた

膝の上には住所録
島の上に数字が流れ
寄生先の感受性へと
貞操を捧げる

夜の営みが
日々の偽りの下に完結し
此処に大いなる説法が身を宿す

消費期限の人の群れ
握り締めた虫に目を伏せ
コップに残った
情の香りに酔い痴れる

大護送隊が道を行く
燻し上げた鉄を振り上げ
不規則な心音に杭を打ちつつ

その皮の下には
どんな世界があるのだろう

仏に成り損ねた男が
今 乳臭い揺り籠の中で
産声を上げる
関連記事

2013.11.18


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。