上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
寄る辺なき声色
着ている服を脱ぎ捨てる様に
ずっと埃を被っている
その目の玉を抉ってください

空洞には蓋がされ
軽くなった椅子にはきっと
消息を絶ったあの日の君が座っている

穿る事で
身の程を知らぬ
我が身の膿がするりと一抜け
査証をください
と喚き散らして夜は更けてく

認められぬのは
日の出ではなく日没だった
夜が怖い
寄る辺なき声色
朝靄の中
囀る小鳥に引き千切られる
関連記事

2014.01.21


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。