上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
未定調和
ペンチの先端に
明日の予定が挟まれていた

怒りの矛先が向かう度
ぎりぎりと音を立てて目を剥いて
眠りの淵から法螺吹きの
足首めがけて浮かび上がる

水揚げはいつも活きが良く
丸投げにされて息も絶え絶え
こいつもきっと
その日暮らしの性さ

机上の空論飛び交う夜は
鉄臭い上昇気流に追いやられ
午前零時を流れてゆく

白んだ意識が戻る頃
正門には
雲一つない空が広がっていた
関連記事

2014.01.23


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。