上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
雪中夢「転」
針が無くて釣りができるか
ハンドルを握る手も
冗談めかしたステップを踏み
悪戯っぽく笑みを浮かべる

全くもってその通りだ
だが餌は無くとも釣りは出来るさ

面影を帯びた顔たちは
異形でもあり同形でもある
乗り込んだ車中には
空白などは見当たらなかった

もう少しで海が見える

この時期に来る様な
物好きはそう多くはあるまい
転がる先には潮の薫り
刻み続けた雪の轍は
春には消えてしまうのだろう

それでもあと少しだけ
僕らの歩いた軌跡を下さい

ああ しかし
そんな細やかな願いすら
叶える余地など
此処には残っちゃいないのさ

国道沿いの防波堤は
国籍不明の
異邦人の群れに覆われていた
関連記事

2014.02.05


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。