上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
蝌蚪期
草臥れた墓石の前で
今日一匹の御玉杓子が死にました
泥塗れの足跡が
沼の方から続いています

上辺だけを取り繕った
花の香りが愛しい
花の飾りが勇ましく
けだものの様に吼えている
えだものの様に映えた色味を
活けられては四散させ
生き抜く術を試算する

糸を意図として紡いだ故に
過渡を蝌蚪として過ごしてきました

傘を朝へと見立てて昇る
あの太陽は蕾の中
あの電灯は窪みの中
街の方へと帰ってゆきます
関連記事

2014.02.13


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。