上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
幸せの対極
掻き毟られた畳には
長きに亘る
卑屈な笑みが刻まれていた

屈折した光から
この両の眼を御護り下さい
覆い被さる天幕よ
無実の苗木をその懐に

取り零された造花の種は
芽吹く事すら億劫で
開かぬ理由を
他者の心に問い詰める

波風の無い穏やかな

そんな言葉をぶら下げた
荒波の中で渦巻く混沌

調和の対極に不和があり
幸せの対極に平和があった

この死体には虫も湧かない
無抵抗な尊厳は
昨日と少しも違わぬ姿勢で
畳の上に染みだした
沼の底を泳ぎ続ける
関連記事

2014.02.15


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。