上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
こうせき
水の移ろう音が
ずっと頭の中を流れていた

川縁の草は青々と茂り
膜の様な
澄んだ情動が行き過ぎる

熊手が川底に爪を立て
煌びやかには程遠い
純朴な結晶が顔を覗かせる度に
その場に居る総ての人は
束の間の充足感に包まれてゆく

広大な敷地の中には
自由があった
しかし
時効は無かった

老いさらばえて消える前に
鉄条網の外に在りたい

血塗れの掌が
赤い夕陽と交われども
覆い囲む森の奥へ
運んでゆく事は叶わぬのだろう

光跡を辿る度に
功績を携え
鉱石は絶える事無く
袋の中へと収まってゆく
関連記事

2014.03.04


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。