上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
点廊
剥き出しになった骨組みが
置き去りにされた
年月の長さを物語っていた

傾いているのは
陽か この首か
焼き付いてゆくばかりの
校舎の中を
誰のものとも知れぬ どくろが
緩やかな弧を描きながら
ただ 在るが侭に 泳ぎ回る

点となる廊下の先に
幼き日の声を求めて
関連記事

2014.03.06


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。