上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
連続する屋根の下
色褪せない看板が
相も変わらず其処に在った
幼少の記憶を辿り
灯りの下を掻い潜る僕が
現実と過去とを擦り合わせる音に
耳をやられて
短い植木の根元へと倒れ込む

手探りで掘り返し
頭痛のリズムに身を委ねる程に
埋めた筈の小さな背中は
手に負えない程の大きさへと成長し
商店街のアーケードを突き破る

止まるものに
温もりは付いて来れない

愚図つく空と
濡れる事無い歩道の一角
それでも雨は
この掌を敲いていた

関連記事

2014.03.12


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。