上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
水溜りの水夫
撃ち落とした光を
柄杓で受け止め
グイッと飲み干す

井の中の蛙が
大海の波に呑まれ
自らの夢を
水泡に帰す頃

船上より見下ろす船乗りが
己が航海の顛末に狼狽える

此処は海ではなく
水溜りでした

焼き尽くす様な太陽を
憎めど呪えど
渇いた喉は
二度と潤う事は無かった
関連記事

2014.03.17


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。