上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
鎮座する球体
寒々しい金属製のドアを開けると
其処には
まるで時間から
取り残されたかの様な
球体の肉体が鎮座していた

久方振りの外の空気に
喜びを表す事も
戸惑いを表す事も無く
ただ 目の前の現実を
見つめている

単眼で見る世界は
何処までも平等であり
いつまでも
空っぽのままで
痛みだけを受け止めていた

生きているのではない
生かされているのだ

とても滑稽であり
とても素っ気無い真実
関連記事

2014.03.22


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。