上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
隔つ鳥居
傾いた首が浮かんでいる
灯り一つ無い暗がりを押して
ダイヤル式の胴体を
入れ替える

夜はまだ
雛鳥の羽根に
融けこんでいるのに
立ち並ぶ鳥居の隙間は
目映いばかりの
御来光が満ち満ちていた

嘴が陽を喰らい
零れ落ちる はらわたが
白雲と交わる

それは血の気に満ちた
山の咆哮
破魔の芳香
けたたましく囀りながら
捲れた蕾が咲き誇る

此処は神域か
将又 志半ばの癲狂か
関連記事

2014.03.23


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。