上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
天道抵牾
山頂から語り掛ける明滅が
宵闇を背負う街と
覗き窓の間で燻っている

煙突が陽を背負う
過ぎた記憶は薄皮の下
煮詰まった
欲望と共に融けてゆく

全てを投げ捨て
飛び立つ翅は何処へ

風に触れ すり減らし
電信柱へ縋る様に
折り重なって 花開く

束の間の収束
着かぬ間に終息
付かぬ事を伺いますが
あの御天道様は偽物ですか
関連記事

2014.04.06


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。