上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
参道巡り
真っ白な地平線に
気持ちばかりの言葉を垂らす
こんなにも空っぽで
何にもない目覚めの朝は
騒がしい昨日までの雑踏が
恋しくも疎ましい

お前は思い込みに窒息している

僅かばかりの水滴の音
次に己の心拍が
色味を為して膜を張る
削り取るのは
文字が欺瞞か産声か
もう何年も此処に在るのに
目を開ける度に産み落とされる

見慣れた街の情景が
参道の奧に揺らいでいる
初めて訪れた境内は
何故だか見慣れた場所の様に
瞼の裏に焼き付いていた
関連記事

2014.05.06


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。