上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
煙起こし
映り込むその手は
慈しみで満ち溢れているのに
レンズの外の足癖は
知性の欠片も感じられぬ

愛を語るその陰で
恨み辛みの牙を剥く
もはや君は
壁に向かって吠える犬だ

さあ 今こそ
手と手を取り合い
我らの権利を振り下ろしましょう

切り落とされた指はただ
唾に塗れて転がっている
短くなっても君はまだ
蔑視の心を燃やしているね

いかれた造りの天秤に
まるで糞みたいな妄想がへばり付き
何の隔たりも無い街に
平和という名の障害が築かれる
関連記事

2014.05.28


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。