上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
滲む雨音
雨粒が零れ弾ける度に
擦れた声が路面に平伏す

きっと君の見た夢も
気怠い膜の収縮へ
呼吸を合わせているのでしょう

清々しさに浸りながら
苦々しさを僻みながら
それでも翌へと記録する
無自覚な欲への帰属

切断された首のチューブが
誰かの吊り橋を補強する

鋭い熱さよ 仰ぎ見給え
潤いを帯びたのは
行く先であり 行く末である

水溜りが靴底へと絡む音
打ち付けられた皮膚の色に
数え切れない言葉が滲む
関連記事

2014.08.28


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。