上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
飴に群がる
袋から飛び出した
飴玉の昏倒

色取り取りに離れ離れに
溢れんばかりの甘い汁が
泣いている空の端に
べとべとの手を伸ばし
模範的な一日を取り繕う

正体不明の船舶が
視界の外から呼び掛けようとも
単色に寛ぐ身体の芯には
何ら揺らぎは生じない

ああ 浮かぶ事さえ困難な
不安を隠せぬ小型ボートが
群がる蟻の群れに包まれてゆく

気遣いに囚われた
愛のかたまり 悔いの絡まり
肉の下に潜む憎しみ
関連記事

2014.09.01


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。