上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
屋根の漂着物
両の足で立ち続けるには
少しばかり
筋組織が足りなかった

枝の様に伸び切ったそれは
自身の負った役目など
とうに忘れて
まだら色の雲海を漂うばかり

雷鳴が照らしている
溺れてしまった屋根の漂着物
ただ乗りするのも憚られる
ぐしゃぐしゃに潰れた顔
関連記事

2014.09.12


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。