上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
皿の記憶
食卓に並ぶのは
綴る素振りをしたままの
書記者が愛した鳥の丸焼き

こんがりと色付く頃合い
うんざりとイラつき雑じりの
刃先が行き交う

吹き溜まる交差点は
今や毟り取られた
羽毛に埋もれ
与えられた責務さえ
放棄している

ここから残るのは
記録ではなく記憶である
主観は春に備え
客観は冬に凍えて
空っぽの皿の上に一筋の涙
関連記事

2014.10.04


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。