上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
空の点鬼簿
迎え入れた棺桶は
まだ空っぽの点鬼簿を
見据えている

日付が刻まれ
悲痛な呼び声を期待すれども
偽りの名前を
筆がなぞる事は無い

天井に翅を擦り
剥がれ落ちる鱗粉へ
人は何を縋るのか
幾度も訪れた朝を迎え
幾重にも重ねた夜を溜め込む

変色した身体が
焼られるのを待っています
見失った言葉に
急かされる木彫りの御神体

ああ 空は
焦がれど焦がれど
日は滲み
仰向けのまま 垢抜けぬまま
我が身可愛さに
借り物の顔に刃を立てる

関連記事

2015.02.01


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。