上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
朗らかな毒の痕
煮込んだ景色を小皿に盛って
着込んだ季節に小言を漏らす
まだ肌寒い夜なのに
剥ぎ取る毛皮に悪びれもせず
凍えた種火を
雲の切れ端へと縫い付ける

空はこんなに燃えているのに
傍に居るのは湿気った身体
蒼褪めた顔色が
染める蕾は
世迷言吐き 病を咲かす

こんなにも見苦しく
どんなに未練がましくとも
温もりはいつも
搾取されては拍手が起きる

高らかな響きのその後に
朗らかな毒の痕
お前など
開く事無く 萎れてしまえ

関連記事

2015.03.20


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。