上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
行き着く背中
軒下に身を寄せて
遠目に眺める白い節穴
それは群がる程に積み上がり
塞がる事無く病みあがる

此処にはもう
誰の願いもありはしない

形を成した蛾の声が
虚しく木魂す夜更けの晩餐
月が侍らす笑みと戯れ
呼気を狂わせ 根は割れてゆく

喰らい付いて離れない
視線の先の死線
圧し込む短刀

弄り倒した指間の翅が
排水溝へと逃げ行く度に
とっ散らかった肺の動きが
暗い広場へ明りを灯し
球体の上で身を捩らせる

朝と嘯く

ああ 今日もまた
張り巡らされた記憶の影が
引き摺られたまま
翌の我が身を追い越してゆき
熱い背中に 陽が迸る

関連記事

2015.03.22


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。