上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
殻の内側
熱した屋根に腰を下ろし
被せた蓋の焦げ目を探す
いつも頭上にあったのは
眩しいまでの卵たち
時計が回り陽が落ちて
それでも孵らず 帰る当てなく

瞼の外の輝きが
やって来る度 幕を捕まえ
生まれる事が叶わなかった
身体と身体を繋ぎ合わせる

殻の外では
生きているか死んでいるかも
分かりはしない

関連記事

2015.03.27


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。