上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
顔の無い一輪草
鉄骨に絡まる日差しを丸め
梁の隅へと圧し込める
こんなにも気持ちの好い昼だ
渇いた頭も土へと馴染むさ

そら お前の庭にも
顔を失くした一輪草が
可憐に凛々しく突っ伏して
空の機嫌を窺っている

真っ直ぐに背伸びして
真っ逆さまに間延びする
一つに成れない 歪んだ笑顔

ああ また性懲りもなく
晴天を掻き毟る
姿勢を正した身体だけが
勇敢に誠実に 逃げる事無く
春の毒牙に冒されてゆく

関連記事

2015.03.28


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。