上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
鼓膜に到る顔
溜池の底で聴く音は
密封された星の心拍
白んでは更け
やがては暮れる陰の葬列

入れ替わるのは
満たされた黒い揺り籠と
澄み渡る白い棺桶
籠った夜が囁いて
明るい朝は
響き渡ってゆくのだろう

耳障りと見做す日も
覆った天幕と共にある

そう 鼓膜に触れる事実さえ
此処では顔を違えてしまう

関連記事

2015.03.28


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。