上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
変わらぬ鮮度
写真に残した納屋の中から
温かなミルクが滲みだして
裏山に残る白い雪へと
雲に繋がる糸を差し出す

牛の声が遠退いてゆく
蛍光灯が呻く午後
アルバムに刻んだ日付と共に

緩やかな光源が
大らかな草原に絵具を垂らし
積み上がる干し草へ
心地好い安眠を齎す度に
甘い綿菓子が
固い種の内側より芽を生やす

乳白色の汁を振り撒き
エンジン音が
蟀谷の奥より昇りくる
揺らがない場所へ
純白の轍

繰り返される営みが
変わらぬ
鮮度でありますように

関連記事

2015.04.02


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。