上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
根付いた骨
一欠けらの骨を埋めて
静寂の淵へと身を寄せる

焼け落ちた鳥の名を
未だ潤う午後の露草に認めて
作り掛けの羽と共に
また飛べる日を語り合う

潰した家畜の高さだけ
君の背中へ近づいてゆく

喧しい虫の音に
頭が割れてしまわぬうちに
実った瞳を
さあ 詰め替えて

絡み付いた神経が
鉢の外へと出られぬ様に
生温かい声はただ
根付いた骨と
土の間を吹き荒ぶ
関連記事

2015.04.17


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。