上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--
揺れる尾
打ち込んだ文字が刻まれて
落ち込んだ窪みの音に
新たな規則が見出される

無言の後は饒舌で
誰となくそれとなく
手足の生えた
御玉杓子を抱えて歩く

向かう先は雨雲の
真っ黒な肌へと帰属して
離れる先は晴れ空の
真っ青な肌を基軸とし
草臥れた
プロペラと共に飛んでゆく

そう 頭上を跨いだ影は
また
寒天質の愛しさ孕んで
全てを掴めぬ
その身を嘆き 暦と交わる

あぶれた機体は
尾を揺らす
幾つもの朝と夜とを
掻き分けながら


関連記事

2015.05.22


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。